2010-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父になる為。 - 2010.09.21 Tue

―――これから何をしようかな。






昨日のラグフェスを終えて、これで暫くコス休止です。

というのも、結婚生活7年目にして、
遂に僕も人の親となる事と相成りました。
なんだか不思議な気持ちです。

というか、まだ実感無いです(*'ω'*)男ですもの★

あ、第一子は男の子です。イケメンです。
もう名前も決まってるんだけど、生まれてくるまで秘密です。

(-c_,-*)ふふっ




さて。




コス休止期間は凡そ1年程だと思います。

再開予定日は何とも断言できないので、
もっと短いかもしれないし、2年位休む事もあるのかも?

それでも、自宅にスタジオを設けているので
衣装は作る予定だし、宅撮はどんどんしちゃいます。
浦島太郎状態になるのが怖いけど、気持ち一新で逆に楽しいね。



勿論、ROに関しても休止します。

マキコに「続ければ良いのに。」と言われたんだけど、
嫁が赤ちゃんの世話に追われているのに、僕だけネトゲできません。

「寝てる間に」少し位ソロプレイは出来るけど、
泣き始めちゃって「ごめん、ちょっと行ってくる」なんて…
PTプレイ中に席を離れるとか、人様に迷惑極まりない事は嫌だしね。

ギルメンの皆には少し「申し訳ない」気持ちはあります。
折角皆が楽しんでくれていたのに、急に梯子を外した様で申し訳ない。

きっと皆も解ってくれると信じて、今は「父親」をロープレ中です。




さてさて。

つまり、人生の「自由時間」において
その多くを占めていた「趣味の時間」の殆どを
これから新たに見つけなくてはなりません。その仲間も、です。



そう書くと、なんだかとっても悲しく聞こえましたか?



でも、僕にとっては「転機」だと思ってます。
無性に胸踊るターニングポイントであり、早くも第二の人生です。


さて、僕自身、この期間に何が出来るでしょう。






実は、子供の頃―――中学生の時分ですが、
「小説家になりたい。」と思っていた時期がありました。

文才も無く、発想力も乏しい。
原稿用紙に何百ページも書く根性も無かったです。



でも、最近思うんですが、小説を書く事って
コスプレの衣装を作る事と大差ないような気がします。

自分の眼でよく見て、それを自分なりに表現するだけなんですよね。

僕は衣装を作る際、作品を忠実に表現する事が苦手で
上手にできない部分を、自分流にアレンジする事で誤魔化したり。
でも、それは僕にしか出せない味なので、ここ数年はそれを全面に出してます。

そして、衣装作りを長年続ける事で、
最後まで作りあげる根性も手に入りましたよ。やったね(*・∀・)



別に万人にウケなくても、別に出版物にならなくても
「趣味」として、今まで楽しんでいた時間に充てたいと思う訳です。

人様の目につく所に発表する事は無いと思いますが
子供の頃の「夢」を叶えられると思うと、ドッキドキしてきます。



多少気恥ずかしくて、最初は抵抗があったのですが、
最近では、マキコに話を聞いて貰いながらやってます。

子供の頃には出来なかったんですが、
同じヲタク仲間と雑談しながら設定を拾っていく。

―――これも夢の1つでした。



ドリンクバーで長時間粘って、キャラの裏設定を作っていくと
原稿用紙何百ページなんて、わりと簡単に埋まってしまうかもしれないです。

そういうのをやってみたかった。楽しいです。



自分の子供が中学生位になった頃には、
父親の不思議な趣味として、「コスプレ」と「小説」を見せたいな。

幸い、何度かテレビ番組にも出た事があるし、
若かりし頃の父の滑稽な姿は、ちゃんとデータとして残ってますし。

あ、別にコレ、自慢したかった訳じゃないですよ?(*´_ゝ`)



まぁ、まずは小説が仮にも完成しない事には始まりません。



―――ですよね。








ところで、何とも不思議なものですね。

自分が人の親になるなんて思ってもみなかった事。
というか、まさか三十路になるなんて思ってなかったんですけども。



自分の子供を受け取った時、どんな気持ちになるだろう。

僕にとっては人生初の出来事であり、
ちゃんとした親に成れるのか不安極まりないのですが・・・。



でも、考えてみれば、僕にも親が居る訳です。

で、親にも当然その親が居る訳です。その先もまた然り。

そうして考えていく内には、
「こうした初体験の連続が何億年も続いて至るのか。」と理解します。



―――なんだろう。

自分でも根拠無く「きっと良い親に成れる」気がします。



むしろ、太古からの大いなる時間の流れの中で考えれば、
ちゃんとした「親」に成れない方が欠陥品な訳だし、ちょろいモンですね。


根拠ないけど。





良くも悪くも、今まで「そつなく」生きてきた僕は、
これからも可も無く不可も無い「そつない」人生を歩むのです。


当面は3人で(*'ω'*)







P.S.

ところで。

小説家になるには、決定的な問題があります。

僕の文章を見て頂くと、各段落の文章が
「階段の様に、下の行になる程文字数が増える」傾向があります。
そして行間を空け次の段落になると、また1行目は短く、下は長くなります。

↑ほら。なってるでしょ?
実の所、これは意図的にやってます。

というよりも、こうしないと「気持ち悪い」んです。

あと、読点(、)も比較的多い気がします。
大学では文章の書き方を学んだんですが、癖でしょうね。(´・ω・)



衣装の製作でもそうなんですけど、
この「超A型」気質を何とかしなくちゃいけません。困った。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。