2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】ジャパンプレミア! ~後篇~ - 2012.05.17 Thu

◆関連記事リンク
   ジャパンプレミア当選!   JPレポート_前篇_   JPレポート_中篇_   JPレポート_後篇_

 banner_cure.gif

さて、やっと俺等の役目も終わった処。

邪魔で仕方無かった付け爪をパキパキ外し、
自由になった手で、いつでも写メれる様にスタンバイ!

序に、準備の忙しかった前日夜に、
わざわざローブの背中に隠しポケットまで作って
こっそりと忍ばせておいたサイン色紙とマジックペン(*゚∀゚*)うふ



さぁ、いつでも来いよ!


061tim.jpg

きっ・・・来たーーーーーーーーーーーー!!!!!!


ティム・バートン監督が先に入場してきたよ!

ジャパンプレミア当日は凄い強風だったから、
その風に煽られて、ティムの頭部はブロッコリーみたいだ!



す、すごいっ!




きゃあーーーーーーーーティムぅうう!!!



この辺りはニコ生でも放送されたまんまだけど、
この角度の映像は無かったよね? あの巨大スクリーンが良い仕事してんだー。


今は丁度、観覧席A付近だろう。
俺の位置からは見えないけど、ティムコールが続いてる。

スクリーンに映ったティムも
止め処無く渡される色紙に、もう何分もサインし続けている様だ。



途中、謎の芸能人達が試写会入場の為
レッドカーペットを通り過ぎた様だったけど、まぁまぁだね。

ねずっちは良い感じ。



体感にして15~20分経った頃だったろうか。

071depp.jpg



ぎやあーーーーーーーーーー!!!!!






ジョーーニィィーーーーーー!!!!!!!






なんでそんなに胸元開いてるのーー!!!!







ツバが変な切れ方をしてる、変にカッコいい帽子!


入場と同時にサングラスを直す仕草!


笑った時の頬骨と口髭、そして顎鬚!


あの独特のナマステポーズの会釈!


ジャック・スパロウを彷彿とさせる
なんかジャラジャラ胸元にいっぱい飾られたアクセサリー!





あんた、現代に甦ったカウ・ボーイだよ!!!
↑?




だから、
なんでそんなに胸元開いてるのーー!!!!


072depp.jpg


やべぇ。チビる。





ジョニーのファンサービスが凄いってのは
確かに、予め事前情報として知ってはいたけど。もう、兎に角凄い。

手の届く範囲のサイン色紙には、ほぼ全て書いたんじゃないかな。

ハリウッドで最もサービス精神旺盛に接してくれる俳優。

なるほど。
これだけの事を眼の前でやるんだから、毎回そうなんだろう!




本当に凄いんだ。



実際、ステージにあがる予定時刻を
大分回っての押し押しになってしまったにも関わらず、
ジョニーとティムがサインして周れたのは、観覧席Aの全てと観覧席Bの一部のみ。

全ての席を周れなかった事を申し訳なく思った、って事だろう。

ニコ生で延長の告知と実際の映像があったけど、
ファンイベント終了後、自分の意志で戻ってきて交流を続けるなんてね


集まったファンの多くは、
ジョニーの右手が腱鞘炎にならないか心配までしてたよ!



ティムは途中で力尽きて脱出してたけどねw




ただ、その間、一番良い席で待機してたファンは
ティムとジョニーが遠くでファン交流しているのを見ているしかなくて。

062tim.jpg

意外と暇な時間があったから、
こんな画像を撮って遊んだりしてたよ!


ティムを探せ ★ Lv.38 !


答え合わせはブログ下段でね(*・ω・*)


名前ライン

さて。

ここで俺達は急いで『試写会』会場へ移動したんだ。



イベント前日まで知らなかったんだけど、
レッドカーペット・試写会には、こんな決まりが有ってね。


レッドカーペットと試写会、どちらも参加できる一般人は居ない。



知らなかったよ。

あくまで原則だけど、必ず一方に参加すると
そのイベント中はもう一方の様子を直に伺う事は出来ない
、って話。



勿論、考えてみれば至極当然な話なんだけどね。

レッドカーペットで俳優や監督がステージを降り、
次に控える試写会イベントまでの移動時間。これは数分のみ。
その時間内に、試写会室は完全に着席が済んでなくちゃいけないよね。

つまり、俳優よりも早く入場出来ないから、参加出来ない



たぶんね!



それって事は、一般人にも関わらず
どちらのイベントも参加出来た
という現状。

これは凄い事です!




しかも、それだけじゃなかったんだ。

用意されていた試写会室の席も、
本当に贅沢な前3列の特別席だったんだよ。

ありがたい話だよね!

スクリーンとステージが、僅か数m先なんだ。



しかも。

ランダムで渡されたレイヤー席の中、
俺が選んだ席は、ステージど真ん中ど真ん前!

これは何かを期待してしまうよ・・・!





そして、間もなく。




ティムとジョニーが入場してきた!


試写会室内では撮影禁止だったし、
何か記念になる事を、自分の中に残したくて。

見た目だけならばインパクト十分だったから
ジョニーに目一杯のアクションでアピールしてみたよ。
映画でよく見る、ジョニー独特の手の動きや身体の動きで



コレはもう、ただの自慢だけど。


ジョニーは俺の方を真っ直ぐに指さして、
俺の眼を見ながら、俺が今やっているアクションを真似てくれた。

そして最後に2回ほど頷くんだ。




なんか・・・、


これの為に頑張った気がする!!



それからは、有り得ない程の距離感で
ティムとジョニーのインタビューを聞きながら。

もう、二人を細部まで観察してた。

ジョニーは自分の回答時以外は、
常に会場の隅々までを見渡している様だったね。
たぶん、全員の眼を見る様に、一人一人を見ていたんだと思う


ティムはサングラスを掛けていたから
視線の先までは解らなかったにしても終始にこやかだった。
相変わらず、強風に煽られたブロッコリーが、若干の可哀そう風味


DS01.jpg

もう体感でも何分経ったか解らなかったけど。

レッドカーペットに比べれば、極僅かな経過。
二人のインタビューが終り、映画本編の上映と移っていく。



映画に関して、まだ上映されない内は
良いも悪いも一切の評価・感想は言わないつもり。

むしろ、国内に居ながらにして
封切一週間前の映画を見れた事に感動しちゃったよ。

なんか、映画好きとしてワンランク上がれた・・・様な?



少し誇らしい気持ち!


063tim.jpg

さてさて。

ティムさんを探せ★ の答え合わせをしつつ。



今回、俺がこうしてジャパンプレミアに参加できたのも、
一重に、花房マキが過去に無い激プッシュでコンテスト参加を推したからなんだ。

普通なら話を持ち出す事はあっても、
今回みたいに『絶対強制』で強引に誘導する事なんて無いのに。

恥ずかしいから言わないでほしい、って言うけどw



コンテスト開催を知って、なんだかピンッと来たらしいよ!



だからね。

自分の眼でジョニーとティムを見れたのも、
あんな嬉しいアクションを貰えたのも、俺の実力じゃないんだ。


マキコの推しと、コンテストに投票してくれた友達のお陰!




ホントありがとうね!

映画好きとして、最高のプレゼントを貰ったよ!!



ちょっとサイズが大き過ぎて、
簡単にはお返しが出来なくなっちゃったけど。

あの日、怖気づかないで目一杯楽しむ事で、少しだけの恩返し。

無駄に長文、無駄に改行だらけのブログを書く事で、少しの恩返し。



また機会がある度、何かで返していこうと思うよ!






ジョニーよりも、助けてくれた皆の方がイケメン!!!!



どうも、ありがとう!


名前ライン

◆もっとブログが書きたくなる【応援ボタン】◆
hagemi_botan.jpg
今日のブログ記事が面白かった時だけ、ポチッと押して下さい。

その1クリックは、日本の空を渡り、地球を抜けて銀河系を飛び回り、
巡り巡って、あんなこんなで紆余曲折あったり無かったりで、僕のヤル気に繋がります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

オーダーメイド★01 «  | BLOG TOP |  » 【レポ】ジャパンプレミア! ~中篇~

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。