2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【制作】ナハト 骨仮面【2項】  - 2011.06.14 Tue

それじゃ、続きを作ってみようじゃないの。

 ○関連記事リンク:【制作】ナハト 骨仮面【1項】


名前ライン

【工程04】金網の型を固定しよう。

工程03も終わり、ほぼ完成形の仮面が出来た訳だよね。

と言っても、そこはまだメッシュ金網。
型さえ完成形といえども、まだ透けスケ★プリンな筈。

そこで次は、ライオンボードを貼って骨表面を形成したい処、だけど・・・



ちょっと待ったッッ!! ←ジャスティス学園風



そのままライオンボードを貼っちゃ駄目なんだー。

ライオンボードってのは熱で形を記憶させられる特性があるよね。
これ、今の段階でボードを貼ったりすると、その特性が裏目に出ちゃうんだよね。


――― つまり、


造る物の形状にもよるけど、金網を使う位だから複雑な凹凸が出来てる筈。

ボードを熱して、形状に沿わせた貼り込みが必要になる訳だ。
勿論、貼り込んでいる最中も、ドライヤー等でガンガン温めまくる。

そうして、全面が綺麗に貼れたとしよう。

でも、翌朝起きてビックリなんだぞ。
昨日までツルッとした表面のライオンボードに、下地の金網がクッキリと!


  突然の雨に降られた登校初日。

  「雨は嫌だなぁ・・・」と駐輪場で傘を畳む君。

  そこにクラスのマドンナ敏江が颯爽と現れた。

  髪から滴る雨の滴と、濡れたブラウス。短いスカート。

  肌に貼りついたブラウスの下には、クッキリと透けたブrry―――

ブラウス
とか言うと、嫁がドン引きしちゃうから言わない。

むしろ、そんな黄色マスのHAPPYイベントは起きない!
だって、敏江は雄三の事が好きで、大二郎の事なんて何とも思ってないからね!


――― つまり、そういう事。解ったろ?


で、なんの話だっけ。



あ。



まぁ、そんな訳だから、
網に直貼りとか有り得ないんですよ。


というよりも、実は貼れない。

ここまで作業してる人なら解る事だけど、
実はメッシュ金網さんってば、落ち着きが無い奴なんです。



じゃ、実験。

出来上がった型を引っ張ってみて。
まだ作ってない人は、買ってきた金網を引っ張って。

ほら、伸びちゃうでしょ?
正方形を模ってる網目の一つ一つが、ほらほら、菱形にびょーろんって。


これは、編み込まれた針金がそれぞれ溶接等されてない為。
左右に引っ張られる力で、バラバラにならない程度に伸縮するようになってんの。

だから、2WAYの布みたいに伸び縮みしてくれるし
その特性があってこそ、金網造型が出来るって訳なんだけどもね。



でも、その特性を活かしたいのは工程03まで。

ここから先は、それが逆に厄介になるので、
彼等の伸縮性を殺して剥き剥きノビノビ出来ない様にしてやろう。



と、ここで必要になるのが薄紙


やり方は凄く簡単だ!

  1.自分で「もう完璧★」と思うまで金網を練り上げる。
  2.出来た金網型を崩さない様、エロ優しい手つきで表面にG10を塗る。
  3.用意した薄紙の片面にもG10を塗る。優しい言葉をかける。
  4.G10の乾いた薄紙を、適当なサイズに千切る。(2~3平方cm位?)
  5.金網型のG10が渇いたのを確認したら、細かい薄紙を表面に貼る。
  6.力の加減に注意しながら、圧着。金網の針金位置が固定され、動かなくなる。

骨01
白く見えてる部分が薄紙。
ま、別に薄紙じゃなくても良いんだけどねー。



あ、うーん。
ここまで書いて何なんだけど。



読んでくれてる人の中には、
G10の正しい使い方を知らない人、居るよね?

G10で検索すれば、使い方は調べられると思うけど、
初歩も初歩過ぎて、解説を見つけるのが逆に容易じゃないかもねー。

知ってる人には申し訳ないけど、一応次の工程の前に書いておくね。



名前ライン

【おさらい】G10プラス。

次は下地を整えるんだけどね。

その前に、ここでG10の使い方について、おさらい編。



G10ボンドってのは造型ではお馴染みだよね。

「お馴染み」に納得な貴方は大丈夫。
でも、解らない君は今日がG10脱チェリー! やったねッ★

と言っても、ルールは1つ。
これだけ守っていれば大丈夫ッ! 簡単だねっ。



 G10鉄則:
   貼り付けたい面と面に、それぞれ薄く塗り
   触ってもベタ付かない位まで乾かして、
   塗布した面同士を軽く合わせたら、位置を調整し
   狙いを定めって一気に圧着! 叩いて押しつけて圧着!!



まぁ、ルールが1つな訳は無い、っと。
でも、難しく考える事ないんだよ。要約すれば、こう。

渇いたG10同士を貼り合わせて圧着するだけ!

な? 簡単だろ。




名前ライン

【工程05】下地を綺麗に整えよう。

さぁて、ね。



よし、茶番はこの辺にしとこーね。
で、今は金網型に薄紙を貼りつけ終わった処、だったかな。

次は、紙を貼ってゴワついた表面を整える作業だよ。
用意する物は、透明テーブルクロスドライヤーがあると作業が楽だよ。



紙を貼った型の表面に、まずはG10を塗ろう。
ベッタリ。ねっとり。ぬるぬる。とろ~り。ウッ! ふぅ。

次に、大雑把でいいからテーブルクロスを切りぬこう。
でも確実に一回り大きく切る事だよ。小さすぎたら、大雑把過ぎる自分を呪え!

んで、切り抜いたクロスにも薄くG10を塗ろうね。
ベッタリ。ねっとり。ぬるぬる。とろ~り。ウッ! ふぅ。・・・ウッ!



ここからだよ、問題は。君ぃ。



勿論、貼る訳なんだけどね。

テーブルクロスをドライヤーで炙りながら、
仮面の表面の凹凸に合わせて貼っていくんだけどねー。


これ、ちょっと難しいんだよねー。


裏地剥いだ合皮程は伸びてくれないビニールクロスちゃん。
仮面の額が結構盛り上がってるからさ、キツいんだな。ピッタリいかない。

そういう場合は、とりあえず失敗を恐れずヤッちゃえ。
草食系の男子が蔓延るドMな社会に風穴を開けてやるんですよ!
 ↑訳:失敗しても修正が利くから、失敗でも確実に復帰可能だずぇ。



こういう造型は、必ずアール(球面)のキツい部分から貼る事、ね。

一気に全面にクロスを乗せるんじゃなく、クロスに仮面を乗せる感じ
最初に乗せる個所は、額のトップ部と鼻の頂点あたりかな? 圧着はまだだよ


 ●ここでキーポイント。
   仮面とクロスに塗るG10が、満遍なく薄く綺麗に塗れると吉。
   というのも、薄いG10同士は吸着力が弱く、圧着するまで簡単に剥がせる。と。



で、やり方は人それぞれで、貼り易ければ手順は好き好きだけど。


 一応、参考までに書いとくね。

   俺の場合、まずはセンターを攻めるよ。
   額中央から真っ直ぐ頭頂部、額から鼻に下がって、顎先まで。
   その場合、まだ両サイドは貼らず、仮面の中央5cm幅だけ圧着固定ね。

   今度はドライヤーを当てながら、引っ張って側頭部
   額中央から右側後頭部方向へ仮止め(圧着無し)にする。
   空気が入らない様、熱で伸ばしながら右目の上へ。ここで鼻筋を重視圧着

   この時点で、右目の上から右側頭部は全て仮止め状態。
   問題なければ圧着して、駄目ならゆっくり剥がす。G10薄付きなら余裕さね。



これを左右で完了させれば、もう勝ったも同然だ!

後は左右の目周辺から鼻筋、そこから顎に向けて圧着し、
そのまま頬骨方向に熱加工貼りすれば、綺麗に全面1枚貼り。出来たかな?

骨02
↑解り辛いねw 薄いけど、クロス貼ったよ!



さて、失敗しちゃった人は、ここからリカバ


この上からライオンボードを貼るから、
一番やっちゃいけないのが、失敗して重なったクロス凹凸を残す事だ。

って事は、クロスが二重に重なる個所さえなければOK。
つまり、カッターや鋏で無作法にザックリ切り落としちゃえば良い

可能な限り、クロス多重や金網丸出しの個所を残さないようにね!




ふー。


ちょっとアレだね。



駆け足過ぎて・・・わかんなかった?


もっと過程の撮影しとけばいい話なんだけど、
貼り物してる時は、コッチも撮影してる余裕がないんだよねw

んまぁ、これは案外「産むが易し」なんだよ。
怖がってたら出来ないから、とりあえずヤってみ、って。



という事で、今日はココまでー!

2話完結の予定が、どうも3部作になっちゃいそうです。
大人の事情でハリウッド仕様だけど、飽きずに読んでくれると嬉しいぞー。



名前ライン

◆もっとブログが書きたくなる【応援ボタン】◆
hagemi_botan.jpg
今日のブログ記事が面白かった時だけ、ポチッと押して下さい。

その1クリックは、日本の空を渡り、地球を抜けて銀河系を飛び回り、
巡り巡って、あんなこんなで紆余曲折あったり無かったりで、僕のヤル気に繋がります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

【制作】ナハト 骨仮面【3項】 «  | BLOG TOP |  » 【制作】ナハト 骨仮面【1項】

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。