2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【制作】ナハト 腕アーマー【1項】  - 2011.06.28 Tue

次に腕のアーマー部分を作っていくよー。

名前ライン

【工程01】道具を用意しよう。

 01. カッター     ( 30゚ 刃の物が望ましい。)
 02. カッター替刃  ( 少しでも切れ味が落ちたら新品に。)
 03. スクレイパー  ( 堅い金属製で先の細長い物。)
 04. G10ボンド    ( 造型ではお馴染み、G10先生。)
 05. 方眼紙     ( ホームセンターで100円の優しさ。)
 06. ポリA       ( 造型の御供、ポリA大先生さま。)
 07. 合皮 白    ( 1m100円の薄い合皮が最適。)
 08. 瞬間接着剤  ( 100円ショップで十分ですからっ。)
 09. 両面テープ   ( 模様付け用なので、厚み1mmが便利。)
 10. ファスナー    ( 30cm程度のオープンファスナー。)

工具腕



名前ライン

【工程02】型紙の設計をしよう。

まずは、完成形近い紙設計を引こう。

ここで手抜きをしたり見切り発車すると
最後に辻褄が合わなくなって涙が弾け飛ぶから注意だよ!

用意する物は、方眼紙ガムテープ、若しくはセロハンテープ




さて。

方眼紙を切り出して、腕アーマーの設計図を作るんだけど。

いきなり「作れ。」と言われても、
自分の腕サイズを把握してる人なんて、居ないよね?

だから、まずは腕の大まかな型を取っちゃおう。



 ◆簡単に身体の型を取る方法

   まず、腕などにビニール袋やティッシュを巻く。
   それを包む様に、ガムテープでグルグル巻きにする。
   身体の部位の形になったら、ハサミで切れ目を入れる。
   身体から取り外して、平面に伸ばせる様になるまで各所を切る。

   それを方眼紙に転写。



そうすると、大雑把ではあるけど、
凄く簡単に立体の展開図を作る事が出来るんだ。


そうそう。

ガムテープを巻きつける時、
緩かったりキツかったりしたと思うんだけど、
そこは考慮して、方眼紙に転写する際に調整を忘れずに。

特に、ポリAで構築する際は、
素材自体に厚みがある分、設計よりも厚差分小さくなるよ。



そこまで出来たら、次は展開図を切りぬこう。

先で出来たガムテープ型を平らに延ばし
方眼紙の上に線を引いていく。型が歪んでるから、常に補正しよう。

切り出した小さなパーツ同士を、
セロハンテープ等でピッチリ綺麗に連結させよう。立体模型を作る感じ。

完全に組み立てちゃうと、腕を通せなくなるから
一か所だけは腕が通る様に、合わせ目を繋がないままでOK。


全ての展開図を立体に組み上げたら、
あとはガムテープ等で各部位同士を仮止めして・・・。


パイルダーオーン!!!
腕01
↑スチャッと装備して、華麗にフィニッシュ。

装着感が窮屈だと感じれば
ツギハギで大き目に改良してみたりすると、良い感じ。

あ。

この時点でピッタリだと、実はアウト


上の方でも書いたとおりで、ポリAの厚みを考慮。
合皮末端の巻き込み処理もするから、余計にキツくなるんだよね。

指が一本くらい余裕で入る位の隙間が有っても、多分ギリギリな筈ー。



名前ライン

【工程03】ポリAを組み立てよう。

前工程で、納得がいくまで設計が組めたかな

今度は、それを紙ではなくポリAで作ってみよう。
ポリAを切る時は慎重に修正ペンで主線を引くと解りやすいよ。

用意する物は、ポリA・スクレイパー・30゚カッター



まずは、組みあがってる紙の模型を崩そう
カッターでセロハンを切る時は慎重に。型が崩れちゃうぞ。

切り取ったパーツ毎に、必要な数をポリAに転写
修正ペン等で解り易く線を引き、カッターで切るの・・・だけどね。


この工程、結構間違えてしまう点があるから

後悔して涙を枕で濡らさない様、しっかり書いとくよ!


 ◆カッターの刃を入れる処が重要!

  皆、ポリAに転写する時は、
  模型の紙をポリAに直接置いて、それに沿って線を引くよね?

  だから、カッターの刃を入れるべき処は―――


  線の内側


  ――― だよね?

  つまり、模型と同じサイズを作りたいなら、
  線の上に刃を入れちゃうと、線の太さの半径分だけサイズが肥大しちゃう。

  だから、意識して線の内側を綺麗に切っていこう





沢山のパーツが切り分けられた、かな?

ここでちょっと一息。



切り分けたポリAの一枚一枚
文章で説明・表現する際に、何か総称というか略称が欲しいんだ。

って事で、以降それの事を「ポリゴン」って呼ぶね。

実際にポリゴンみたいな概念だよね。
枚数が増えれば曲線の表現もかなり綺麗になる。

まぁ、厳密に言うと結構違うんだけどねっ。



じゃあ、ポリゴンを沢山切り出した処で、
表裏や上下左右を間違えない様、隣になるポリゴンと接着していこう。

当然、使うのはG10だね。

厚みの無い2mmのポリAでも、
少しだけ濃い目にG10を塗れば大丈夫。
双方のG10が渇いたら圧着! ほら、結構しっかり連結できるよね。

こうして組み上げていったのが、これ。
腕02
↑紙模型の時よりも丸みが出るでしょー?

ほら、設計・展開図の時点で頑張ったから!
お陰で、気楽にペタペタ組み上げただけでも、腕にピッタンコ

ちなみに、奥に見えてるのが組み上げる前のポリゴン

あれを全部組むと、手前の腕アーマーになる訳だ。
つまり、片方の手首から肘手前までで、14ポリゴン



こんなの少ない方ですぞ? ふふっ。


だって、指は10本あるんだぜっ。
指01
↑ほらほら、これが指のポリゴンだよぉ^^

もう、全部で何ポリゴンあるか
数えたくない位の面倒仕様ですからね。

これも、同じようにして
全部を白線の内側で、細心集中でカットし
全部を上下左右表裏間違えない様に、綺麗に接着するんだよ。

ライラするよねっ♪クラが食べたい。



特に、指の先端部分の接着が大変で、
先に行くほど細く狭くなっていくのが厄介だよ。

そういう処は、カッターの刃を一定に傾けながら
ナナメ切りをしなくちゃいけないんだけど、少し難易度が高いね。

その方法に関しては、肩のパーツで説明していくよ。



さてさて。



そうこうしている内に、腕アーマーの全パーツが組みあがっただろ。

全ての箇所を装着して、アタリを見ておこう。
この時点で、仮止めとはいえ全体図が見えてくるんだ。

こんな感じでね。
腕03
↑どうだい? 凄くドキドキすんだろ? うふふ。

若干説明は省いてるけど、
上図は指・爪・手の甲・腕・肘のアーマー部分を付けた処。

まぁ、全部仮止めだし真っ黒だけど、
この工程まで来ると、なんだか楽しくなっちゃう

ポリゴンの切抜きと接着が、結構辛いんだよね。

こうして完成図を妄想して、定期的に英気を養わないとな!





さて。

それじゃ、画像の腕がムチムチなので、今日はここまで!


名前ライン

◆もっとブログが書きたくなる【応援ボタン】◆
hagemi_botan.jpg
今日のブログ記事が面白かった時だけ、ポチッと押して下さい。

その1クリックは、日本の空を渡り、地球を抜けて銀河系を飛び回り、
巡り巡って、あんなこんなで紆余曲折あったり無かったりで、僕のヤル気に繋がります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

【コスコン】投票開始! RJC2011コレクション «  | BLOG TOP |  » 【制作】ナハト 王冠【2項】

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。