2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【制作】ボカロ 龍ノ啼クがくぽ【特殊】 - 2011.07.30 Sat

 ○関連記事リンク : (制作記細部はブログ記事を参照の事)
   ●【制作】龍ノ啼ク箱庭拠リ01   ●【制作】龍ノ啼ク箱庭拠リ02
     ●【制作】龍ノ啼ク箱庭拠リ03   ●【制作】龍ノ啼ク箱庭拠リ04

名前ライン

◆ がくぽ = 龍ノ啼ク箱庭拠リ ◆


まずは、型紙 (型布) を準備しよう。
龍啼・型布

この際、出来る限り自身の体型に合わせる事。
また、完成図を想像しながら、必要なパーツは全て型を抜く事。

その為には、公式イラスト等とは別に、
自分なりのラフ画を書き起こしておくとイメージし易い。


市販の型紙を利用するも良し、古い私服を解体するも良し。



この段階を疎かにし見切り発車すると、後に誤差が発生する原因に。





型紙 (型布) を基に、布地を切り抜こう。
龍啼・切抜

縫い代を確認して切り抜く事。
代幅は、自身の縫い易い幅で構わない。

この際、前身頃や袖等の表裏の方向に注意。
一心不乱に型抜きをし、同じパーツを複製する失敗が多い。
布地の購入時、必要量ギリギリの場合は致命的なミスになる事も。





接着芯で布に厚みを持たせる。
龍啼・接着芯

接着芯はスチームアイロンで布裏へ貼る。
接着温度が低いと、布の歪みで剥がれる事がある。

また、接着の際には注意が必要。

布や接着芯は斜め方向に歪み易い為、
接着時に力を加えると、歪んだ形のままになる。
アイロンは横に滑らすのではなく、上から抑え付ける様に。





各パーツに装飾を付ける。
龍啼・縁取

上画像は襟部分だけだが、
この時点で全ての装飾を行っても構わない。

型紙の設計が完璧であれば、
各パーツを縫い合わせる前に装飾をした方が良い。


小さなパーツの内に施せば、綺麗で精密な飾り付けができる。





襟の装飾イメージを描き出す。
01

イラストを元に、紙に模様を書く。
この際、原寸大で書いておくと後が楽になる。

02模様複製

いくつかの原案を用意し、原物パーツと照らし合わせる。

複数の原案から最終案を絞りだす。
デザインとサイズに問題がなければ、綺麗に紙から切りぬく。






切り抜いた原案を、所定の場所に置く。
03模様型抜併せ

実際にパーツとの当たりを確認し、
納得のいくまで微調整を繰り返し行う。


問題が無ければ、合皮の裏面へ転写し、切りぬく。
04模様転写

この工程で注意する点は、
合皮を切り抜く際に、ハサミを入れる箇所。



合皮の裏面に転写する際、原案を基に線を引いた筈。

原案を置き、その淵に沿って線を引く為、
本来の原案より、ペン先の太さ分だけ肥大してしまう。

つまり、ハサミを入れる箇所は、転写線の内側となる。





切り抜いた合皮をポジショニング。
05模様切抜

合皮の表情を豊かにする為、
今回は2種類の布地を用意し、重ねる。
本来は金一色の為、これは個人的なイメージ。





最終的な位置に置いたら、縫いつける。
06模様縫い付け

但し、置いただけでミシンを掛けると
布送りの際、若干のズレが生じてしまう事がある。

これを防ぐ為、模様の要点数か所に
瞬間接着剤を一滴だけ垂らし、ベース布に固定してしまうと良い。


縫うのを嫌って接着剤だけで固定すると、
撮影時の布ズレ等で、確実にボロが出てしまう。面倒でも縫う事。





仕上がった襟を、衣装に縫いつける。
11襟仮留め

最初の設計段階を緻密に行った為、
現時点でも誤差は生じず、取付にも手間取らない。

それぞれの模様やバイヤスの位置で、左右のバランスを取ろう。

尚、この段階まで来ると着用も可能。
自身の身体に一致させる為にも、何度か着用すると良い。





背面にオリジナリティを加える。
08セーラー

実際、公式イラストに背面は無い。
この様に、一方向のみの設定を基に衣装を作る際は、
何も作らないか、勝手なデザインを挿入する事になるだろう。

この場合、背面は制作者のセンス次第と言える。

特に、背後からも撮影を行う場合、殺風景にならずに済む大事なポイントだ。





本襟を取り付け、形の調整を行う。
09襟構造

公式イラストを基に、サイズを整える。
但し、現実の人間の身体は、絵とはバランスが異なる。

首の長さやウィッグ、身長等にも大きく影響される。
自身の体型に最もあった構造で作らなくては、綺麗には写らない。



特に、実際のイラストでは寝ている襟も、
撮影時の構図によっては、起たせた方が良い事もある。

そういった現場での動きも考慮した衣装制作を心掛けたい。





肩部分に袖を取り付ければ完成。
10前

袖位置を腕の長さで調整する事。
撮影時、寸足らずでは格好が付かない。



背面はこちら。
11後

公式イラストの隙と言える部分には、
自身のアレンジや、他者の案などを拝借し、放り込む。




名前ライン

【龍ノ啼ク箱庭拠リ】の制作記、如何だったでしょうか?

これから衣装制作を開始する方が
僕の制作記を見て、少しでも作業が楽になれば、と思います。



また、今回は上着のみの制作だったので、
その他のパーツ類については解らない事もあるかも知れません。

上着やその他パーツに関し、いずれもご質問を受付させて頂きます。

知識が乏しい為、簡単な回答しか出来ないと思いますが、
コスプレ衣装の制作時、何か困った事でもあればご利用下さい。



念のため、完成図を載せておきますね。


その他パーツも着用し、完成。
12完成
↑ クリックで拡大する事が出来ますよ。



名前ライン

◆もっとブログが書きたくなる【応援ボタン】◆
hagemi_botan.jpg
今日のブログ記事が面白かった時だけ、ポチッと押して下さい。

その1クリックは、日本の空を渡り、地球を抜けて銀河系を飛び回り、
巡り巡って、あんなこんなで紆余曲折あったり無かったりで、僕のヤル気に繋がります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

衣装屋さん第一号商品! «  | BLOG TOP |  » 誰かさんの為にも

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。