2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【工程05】AX ブーツカバー 二章 - 2011.10.26 Wed

 ○関連記事リンク :   ◆ レポートと制作動機 ◆
   ● 【制作】アサシンクロス 工程01   ● 【制作】アサシンクロス 工程02
     ● 【制作】アサシンクロス 工程03   ● 【制作】アサシンクロス 工程04

   ★ 【RWC2011】 レポ01

名前ライン

【工程05】ブーツカバーを作ろう。~後篇~

それじゃ、早速外見を仕上げよう。

今回のブーツは茶の革製
なので、表地となる合皮を用意するんだっ。


と、公式絵通りの物を用意したい処だけど、
ピッタリだと言える色身の在庫が丁度無くてねー。困った。

残念だっ。

若干納得がいかないけど、ちょっと妥協の赤茶色


これにアセトン系溶液を使って、
裏地のガーゼだけを綺麗にベリッと剥いであげよう。
IMG_0512.jpg

でも。

ベリッ、なんて簡単に言ったけど
実はこの裏地剥ぎ、結構な重労働なんだよなぁ・・・。



これ、正直やりたくない程度には億劫な作業でね。



まず、アセトンの所為で、兎に角眼が痛くなるよね

勿論だけど換気は万全。
でも、直眼下で見る見る内に蒸発してると、もうね!

だから、気分が悪くなる様なら、すぐに作業を中断しようね。



さらに、この作業をすると指が豆だらけになるの。

実は、見た目の地味さからは想像も出来ず、
思った以上に握力を要求される事があるんだけどね。
もうホント、途中から放棄したくなる。手が痛くて続けられないよ。



で、一番怖いのが表地の破れ

なんせ、もともと表地に接着されてるガーゼを
アセトンで無理やり溶かして剥いでいく作業だからね。

数センチずつ剥いで行く最中、シビレを切らして
一気に剥ごうとすると、ぷつり。折角の裏地剥ぎもやり直しさー。



それでも裏地剥ぎをするには、訳があるんだ。


ほら。
ブ06

こんなに複雑な曲面でも、
簡単に一面貼りが出来ちゃうんだよっ

この合皮に秘められた伸縮性・・・!

これは、僅かに1mの合皮に対して
裏地剥ぎだけで2時間近くも浪費してこそ、なんだよね
(*゚∀゚)-3 はふっ



ま、流石にブーツ全面を1枚貼りするのは無理だけどね。


一番簡単なのは、画像の様に
センター別けの2枚貼りをしてやる方法だね。

これなら、合皮のサイズにも無理が無く
内外共に綺麗に貼ってやれて、ツギハギも最小限だよね。


こうして、全面に合皮を貼ってやろう。


そうして完成に近づく頃には、
次の問題点が浮上してくる。何でもそうだけどね。



うーん。


前にも話したと思うけど、
ブーツに脱着する為の開閉口をつけなくちゃいけない。

どうしたものか。




・・・まぁ。


とりあえず、最も無難に。
ブ07

腱側にマジックテープで固定してみたよ。


少し悩んだんだけどね。


まず、ブーツの側面内側にファスナーが有ったよね。
それに合わせて、同じ位置に開閉口も持ってこようと思ったんだ。

けど。

マジックテープは、2枚合わせると 2mm近い厚み が出る。

もともとファスナーの所為で少し厚い部分に、
さらにテープ分の厚みも乗ると、結構目立っちゃうんだ。


かと言って、反対側の側面じゃ丸見え過ぎるよね。だって外側だし。



そんな訳で、無難にも背面にする事にしたよ。

まぁ、背面だから拘らなくて良い、なんて思わないけど
正直、この作業がイベント2日前だったモンでね(*'ω'*)照っ///



大人の事情という奴っ!!




そんな訳でね、急がなくちゃいけないから
足らないパーツをさっさと仕上げていこうかなっ。
ブ05

見ての通りの靴底。ソールちゃん。

だけど、前篇で作った物とは素材がちょっと違うんだな。



画像では解り難いよね。

実はコレ、100円ショップに売っている
ファイルの表紙部分。それを切り落としたプラスチックの板なんだ。


結構使わせて貰ってる素材なんだけど、
十分な強度があって、尚且つ柔軟だから割れない。
ハサミで簡単に切れて、形状も自在に作れちゃう優れ物だよ!

しかも、堅過ぎず、G10にも対応出来て
しなやかに接着面になじんでくれる柔らかさがあるんだ。



何より、お安いんですのよ(゚∀゚)ほほっ

なんせ、100円で最低2枚の色付きプラ板が買えるんだもの。



んじゃ。

あとは、目的の箇所に貼ってやれ。
ブ08

ここを簡単に説明すると・・・


ポリAで作った一層目のソールに、
貼り込んだ合皮の端を、巻き込む形で靴底にも貼っておく。

そのポリA靴底と、合皮の端処理部分を
プラ板で隠しつつも挟み込んで、剥離するのを防いでやろう。




ちなみに、ナハト制作でも同じ事をしたよ。

その時は、プラ板の靴底だと
なんだか滑りそうな気がしたモンだからさ、
絨緞用の滑り止め生地を、G10で貼りつけておいたんだ。

確かに滑らなかったけど、ボロボロになって格好悪かったなー。



その反省点を踏まえ、今回はプラ板のみ

直にタイルフロアの会場に立ったけど、
決して滑るような事も無くて、無理なポージングも余裕ッ


結構使えるんだぜっ、プラ板ソール(*゚ロ゚)o ハイッ! ←ウルトラソウッハイッ!風






あ、そうそう。


プラ板ソールを作ってる画像が上にあるよね。

その画像の右上にあるのが、
AX特有の爪先ブレード用に作った型紙なんだ。


なるべく重量を出さない用に、
あの爪先の刃物もポリAやPH9で作るんだけどね、
どうも芯を作らないと綺麗に起ちあがってくれない気がしてたんだ。

そこで、同じくプラ板を切り出して
それをにする事で、ビンビン勃起ちゃんを作ってやったんだっ!


若さ ・・・って良い響きだよね。ふふっ(*゚∀゚)ふふふっ




P.S.
刺しても良い、というイケメンは名乗り出ろ。ふふっ。



名前ライン

◆もっとブログが書きたくなる【応援ボタン】◆
hagemi_botan.jpg
今日のブログ記事が面白かった時だけ、ポチッと押して下さい。

その1クリックは、日本の空を渡り、地球を抜けて銀河系を飛び回り、
巡り巡って、あんなこんなで紆余曲折あったり無かったりで、僕のヤル気に繋がります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

【工程06】AX インキュバスの角 一章 «  | BLOG TOP |  » 【工程04】AX ブーツカバー 一章

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。