2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【工程12】AX アーマー造形 四章 - 2011.11.23 Wed

 ○関連記事リンク :     ◆ レポートと制作動機 ◆
   ● 【制作】AX♂ 工程01   ● 【制作】AX♂ 工程02   ● 【制作】AX♂ 工程03
     ● 【制作】AX♂ 工程04   ● 【制作】AX♂ 工程05   ● 【制作】AX♂ 工程06
       ● 【制作】AX♂ 工程07   ● 【制作】AX♂ 工程08   ● 【制作】AX♂ 工程09
         ● 【制作】AX♂ 工程10   ● 【制作】AX♂ 工程11

   ★ 【RWC】 レポ01    ★ 【RWC】 レポ02

名前ライン

【工程12】鎧部分の型紙を作る。~4話~

前工程の脛当て同様、
他のパーツも組み上げていくよー。


勿論、組み上げには細心の注意を払おう。

G10の接着力が余りに強力過ぎて、
間違った箇所を貼り付けると、取れなくなっちゃうからね。




さて、それじゃ。


ここからは、一つのパーツを例題に挙げて
組み上げ・合皮貼り・連結パーツの順で説明していくよ。


実際、どのパーツでも良いんだけど、
今回は全造形中で比較的複雑な、胸のアバラ骨をピックアップ。
ア06

厚紙で作った箱組模型の様に、
定められた辺同士をG10で接着していこう。


でも、今回は型紙制作時と違って、
必要なパーツ数分の箱組を作る必要があるよね。

この際、左右の各パーツでは、
同じ形のポリゴンが用意される訳なんだけど、
もし表裏の違いがあるとするなら、組み上げ時に注意
が必要!



1つでも間違えると、仕上がらなくなっちゃう。



当たり前の事を言ってる様だけど、
細かいポリゴンが乱雑に置かれてたりすると
どうしても間違いが多くなるんだ。しっかり整理整頓しようね!



そんな訳で、ポリAで組み上げると・・・。
ア11

こんな感じになるよね?






あ。






並べ方、間違えちゃった。茶目っ毛★てへぺろんちょっ







本当はこんな感じ。
ア12

この時点でイベント38時間前だから、
ハッキリ言って、こんな事やって遊んでる場合じゃないけど。



まぁ。


接着面に塗ったG10の乾燥待ち中に
少し時間を持て余しながら、無事完成させたんだ。



で、次は合皮を貼る工程。




なんだけど・・・。





申し訳ない事に、画像がありません




実際、ここが一番気になる処だと思うんだ。

だけど、余りに時間が無さ過ぎて
合皮貼りの工程を撮影してる余裕が無かったんだよね。



だから、気付けば・・・もう貼った後
ア13

勿論、箱組ポリAの表面と
合皮の裏側にG10を綺麗に塗って、
乾燥を確認したら、接着面同士を圧着して貼る
だけなんだ。


ただ、今回のアバラ骨造形は、
見た感じからも複雑な形状をしてるからね。
合皮を貼るだけ、と言っても結構大変だったんだー。


複雑な貼り方をしたんだけど、
ちょっと・・・言葉じゃ説明できない感じ。




んー、どうしよっかー。





うーんと・・・。



とりあえず、上の画像から説明出来るのは
胸のアバラ骨造形と衣装の布部分との固定方法かな。


画像を見てもらえれば解る通り、裏側には
各パーツにつき、1つずつのスナップボタンを付けてあるんだ。

何処にでも売ってる、普通のスナップだよ。




注意する点は、ボタンの特性

当然、取り外す時には引っ張る必要があるんだよね。

ボタンを造形の裏面に直接接着したのでは、この時に剥がれちゃうんだ



だから、ボタン部分が剥離しない様に、
予め、ボタンを布に縫い付ける等して固定しておく。
そうした物を、G10で布ごと造形の裏面に貼りつけてやるんだ。


こうする事で、接着面積が広くなって
少し位の力で引っ張ったのでは、全く取れる心配は無くなるよ。



後は、位置を間違えない様にマーキングしてから、
衣装ボディ部分にもスナップボタン受け側を付けるだけだね。




さてさて。


これで造形物はほぼ完成した訳だけど、
肩と腕のアーマーに、欠かせない装飾品を付けなくちゃいけない。


それがコレ。
ア14

、だね。

肩・腕アーマーの先端付近に、
5つ位並んで付いてるパーツだよ。


勿論、ここも造形として
ポリAで作っても良いんだけど。

面倒臭いし、真円形ってのは作るのが難しいんだ。

だったら、10個で100円位だし
この鋲をブッ刺しちゃった方が楽だよねー。


ていう、手抜きのお話。



でも、流石に針が長すぎるので、
固定するポリAの厚みに合わせて切断しよう。

実際の厚みよりも、少し短めが良いね。


切断が終われば、後は取り付けるだけ。
瞬間接着剤を針に塗って、狙いの位置にズボシッ! とね。

但し、間違えると大変だから、
瞬着を使う前に、必ず試し打ちする事が大切だよ。



という事で、造形は完成だー!






合皮貼りに関しては、
相当説明が足らなかったんだけど、
解らない処は各人で試行錯誤して頑張ってみてよ。



それでも解んなかったら、





解る人に質問したら良いじゃないっ!(無責任)


名前ライン

◆もっとブログが書きたくなる【応援ボタン】◆
hagemi_botan.jpg
今日のブログ記事が面白かった時だけ、ポチッと押して下さい。

その1クリックは、日本の空を渡り、地球を抜けて銀河系を飛び回り、
巡り巡って、あんなこんなで紆余曲折あったり無かったりで、僕のヤル気に繋がります。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

百聞は一見に如かず。 «  | BLOG TOP |  » 【工程11】AX アーマー造形 三章

プロフィール

C.N. : 鈴 清樹(リン セイジュ)
鈴 清樹

Cure645.gif
Mixi705158.gif
Twitter55.gif

コンテンツ

最新記事

カテゴリ

未分類 (4)
LinLin★DECO (142)
衣装制作記 (58)
コスプレ (24)
雑記 (13)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。